白髪染めで起こるかもしれない頭皮トラブル

加齢に伴い、白髪が目立ち始めた方もいるでしょう。
白髪が目立ち始めると、自分の年齢よりも老けてみえてしまうこともあるため、人目が気になってしまうこともあります。そのため、白髪染めで、髪の毛を染めて黒髪を維持している方もいるでしょう。

しかし白髪染めで、思わぬ頭皮トラブルに見舞われることもあります。
白髪染めはどれでも大丈夫、と考えている方は注意が必要です。

肌につくものだから、慎重なるべき

基本的に白髪染めに限らず、化粧品など肌をケアする商品や頭皮を清潔に保つために使うシャンプー剤なども、自分の肌質にあわないものや刺激が強いものを使うと、肌に対してダメージになり、肌荒れをしたり、赤みがでたり、肌の乾燥を招くことがあります。

白髪染めでも、自分の肌質にあわないものを使ってしまうと、肌荒れなどの原因になるため、できるだけ自分の肌質にあわせたものを使用するように心がけましょう。
また、もともとアレルギー体質の方などは、頭皮がかぶれたり、かゆみ、赤みなどがでてしまう事が多いため、特に注意が必要です。

使用する前には毎回必ずパッチテストを

白髪染めが自分の肌質に合うかどうかを確かめるために、パッチテストはしっかりと行うようにしましょう。
そこまで神経質にならなくていいだろうとか、面倒だと感じ、パッチテストをせずに使用する方もいます。 ですが、そのちょっとした手間で、アレルギーなどによる頭皮へのかぶれなどを回避できるのですから、しっかりと行うことが大切です。

また、加齢と共に、肌の状態や体調なども変わってきます。季節などによっても違います。
今まで特に問題なかった同じ白髪染めでも、アレルギーとして症状がでてしまうこともあります。

花粉症などのアレルギーも、免疫力が低下した時や、疲れ、ストレスなどの状態により、突然症状がでてしまうように、白髪染めによるアレルギーも突然症状として出る場合があります。
そのような状況を回避するためにも、パッチテストは重要だといえます。

白髪染めによる頭皮トラブルを予防するためにも、パッチテストは必ず行うように心がけましょう。

ページの先頭へ