ヘアマニキュアとヘアカラーの違い

ヘアマニキュアとヘアカラーの相違点について、詳しいことはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。 この2つは、それぞれ異なる特徴がありますので、その特徴を押さえた上で、目的に合う方法を選ぶことが大切です。

髪に優しいヘアマニキュア

ヘアマニキュアは酸性染毛料のことを指しますが、髪に含まれるメラニン色素は脱色せずに、染料を穏やかに髪へ浸透させていきます。
白髪部分も、ナチュラルな感じで色が付いていきます。黒髪の場合は、ニュアンス程度色合いが変わります。

つまり、ヘアマニキュアの場合には、髪色を特に明るくしたいと希望する方には向いていません。
髪に浸透した色が持続するのもおよそ2週間から3週間程度です。
また、シャンプーする度に、色合いが徐々に落ちてきますので、ある程度の時間が経過すれば元の髪の色へ戻ります。

ヘアマニキュアは、パッチテストと呼ばれる皮膚アレルギー試験は必要ないとされています。
髪を傷めてしまう心配がないことも利点です。 髪の色を短期間のうちに変えたいと考えている人、カラーリング初心者の人、自然な感じで白髪を隠したい人には、ヘアマニキュアが良いでしょう。

色持ちが良いヘアカラー

一方、髪を好みの色合いに染めて長持ちさせたい人や、白髪にしっかり色を付けたい人はヘアカラーがお勧めです。
ヘアカラーは酸化染毛剤とも呼ばれ、髪の中のメラニン色素をまず分解し、脱色します。
それと同時に、染料を髪の中で結びつける働きがあるので、結果的に髪がよく染まります。
染めた色合いも2カ月程度維持することができるのが特徴です。

ただし、髪の長さが伸びてくれば、伸びた箇所で色に差がついてしまうので、1ヶ月または2ヵ月に1度の頻度で染め直した方が無難です。

また、髪の伸びたところのみを染め直しすることは可能です。
ヘアカラーの場合は、まれですが皮膚がかぶれる人がいるので、パッチテストを毎回行うようにしましょう。 とりわけ肌が敏感な人は特にパッチテストで確認するのを忘れないようにしましょう。

ページの先頭へ