白髪を染める方法あれこれ

ここ最近、若くて年齢不詳の人が多いですね。
「美魔女」という言葉もありますが、見かけで人の年齢を推測することが難しくなりました。

見かけで年齢が分からなくなった事の1つとして、白髪を染める人が多くなったことも理由のひとつでしょう。
早い人は20代後半から、40代にもなれば、誰でも白髪は生えてくるものです。
しかし、白髪があるのとないのとでは、人の印象は全く違います。
髪が黒々としているだけで、10歳は若く見える人もいるでしょう。
少しでも若く見せたい…そんな気持ちから、特に女性は30代後半ぐらいから、色々な白髪染めを試し始める人も多いのでは。
では、白髪染めにはどんな種類があるのでしょう?

即効性があり、人気のヘアカラー

白髪を染める方法の代表的なのは、白髪染めヘアカラーを使用することでしょう。
美容院で施術してもらう人もいるでしょうし、また市販のヘアカラーを購入して自分でも簡単に染める事ができます。

白髪染めヘアカラーのメリットとしては、即効性があることが挙げられます。
化学薬品の力で染めますので一回で染めることが可能です。ですからすぐに白髪を隠したい時に適していると言えるでしょう。

反対にデメリットとしては、髪の毛や地肌にダメージを与えてしまうことです。
安全性を高める為の工夫もされているものの、しかしながら根本には化学薬品の存在がありますから、使用することによって髪が傷んだり、地肌にも炎症が起こるなどするケースもあるのです。

手軽にマイペースで染められるカラーシャンプーとトリートメント

白髪染めの方法として、染め効果のあるシャンプーやトリートメントを使用するという方法もあります。
この染め方のメリットは何と言っても髪や地肌への負担が少ないことです。
優しい成分で髪を染めるので、地肌に付着しても全く問題はありません。
ダメージレスで染めることができますから、安全性を重視する人に適しています。

染める為の準備が不要なのもメリットでしょう。
通常の白髪染め用ヘアカラーですと、自宅で染める場合は、肌に薬剤が付かないように、生え際や耳などにクリームを塗ったり、壁や床に飛び散らないように気を配るなどしなければいけません。
その点、シャンプーやトリートメントタイプですと、肌についても、壁や床についても、すぐに洗い流せばまず染まる事はありません。 いつも通りに洗髪をするだけで良いのです。
染める前の準備は一切不要であり、汚れなどの心配もありません。

ただ、シャンプーやトリートメントで染める場合は即効性がないというデメリットがあります。
使い続けていくことで徐々に色が入っていく、というものですから一回では効果を実感できない場合が多いです。

また、染まった後も継続して使っていく必要があります。
洗う度に徐々に色を付ける、というものなので、使用を止めてしまうと元に戻ってしまうのです。

使い続ける必要があるので、面倒だと言う人もいるかもしれませんが、頭皮や髪へのダメージも少なく安心して使えるのは、嬉しい事ではないでしょうか。

ページの先頭へ