憧れの有名ヘアサロンと「カリスマ美容師」について

あこがの美容院、美容師さんっていますよね。
一時期はテレビや雑誌で、たくさんの美容院や美容師さんが出ていました。
「カリスマ美容師」なる言葉も生まれて、有名な美容師さんに髪を切ってもらうには予約が半年待ち…、なんてことも。 でも、そんな有名な美容院や「カリスマ美容師」さんって、一体何がすごいんでしょうか?

憧れだった美容院「アクア」

私が高校生の頃、憧れに憧れていたのが青山の美容院「アクア」。
雑誌などで、タレントさんや女優さん、モデルさんがおすすめのお店、って良く掲載されていたので。

芸能人のヘアスタイルって、やっぱり素敵じゃないですか。
そんな素敵なヘアスタイルを作ってくれるなら、私もいつか行ってみたい!と思っていました。
でも、何しろ敷居が高かったんです。どんな格好をしていけばいいんだろう?安物の靴じゃ恥ずかしいのかな………。
そんな思いでなかなか行くことができませんでした。憧れているからこそ、ですよね。

でも、とうとう!大学生になって、行くチャンスを得ました。
家庭教師のバイトなどで少し金銭的にも余裕が出てきた頃でしたし、有名な美容院とか「カリスマ美容師」さんとかがテレビや雑誌で連日のように取り上げられていて、友人達もそういう話題の美容院に行くようになっていました。 そういう所に行くのがおしゃれ、みたいな時代だったんですよね。

TVで話題の「カリスマ美容師」

表参道などのおしゃれな街に行くことが多くなってからは、色々な美容院に行くようになりました。
そこで分かったのが「カリスマ美容師」と呼ばれる美容師さんのすごさ。
「カリスマ美容師」さんって、客が何を望んでいるか、テイストやファッションの好みは、どんな雑誌を読む客か、そんなことまで拾い上げてくれるんです。すごいですよね。
今でも青山あたりや、表参道あたりの美容院には、そんな「カリスマ美容師」さんが多いな、と実感しています。

一見華やかな姿の裏に「プロ」の顔

以前、ある美容院に、当時の彼氏と一緒に行った時のこと。
彼氏が美容師さんとカウンセリングしてたんですね。その時、私がふざけて、彼氏の肩を揉みに行ったんです。 そしたらいつもは私と笑って話してくれる優しい方っていう印象だった美容師さんが、「ここは一番大事だから」と結構、真剣な顔付きでおっしゃったんです。

びっくりしました。怒られた子供のような気持ちになってしまいました。
でも同時に、いつも優しくて笑わせてくれる「カリスマ美容師」さんも、華やかな雰囲気を纏っているばかりではなく、やはり「プロ」の仕事人なんだな、っと尊敬の念を覚えました。
当然ですよね…。お客さんのファッションやどんな雑誌を手に取るかを見て、どんな生活スタイルを送っているか推察し、それでそれぞれのお客さんに合ったヘアスタイルを作っていく。
技術力や経験に頼るだけではなく、洞察力やコミュニケーション力など、日々勉強し努力して「カリスマ美容師」さんになるんだな、と思いました。

お客さんの中には、自分の希望や理想を押しつけてくる人もいると思います。
そんな時も、できないことは「できない」と言って、そして「こういうのはどうでしょう」とその人に似合うスタイルを提案してくれる、そういう美容師さんこそ、本物の「カリスマ美容師」だ、と思います。

ページの先頭へ